2019年2月18日(月)

1億人突破のLINE、フェイスブックと直接対決へ

(1/3ページ)
2013/1/18 20:09
保存
共有
印刷
その他

 サービス開始から1年7カ月。18日、日本発の無料通話・メールアプリ「LINE」の利用者数が世界で1億人を超えた。うち4100万人が日本のユーザーで、海外比率は約6割。運営するNHN Japan(東京・渋谷)の本社では、役員・社員が社内カフェに集まりカウントダウンイベントを開催。森川亮社長は「1億は単なる通過点。世界へ挑戦するための切符を手に入れた」と語った。ついにフェイスブックとの直接対決が本格化する。

「LINE」の利用者数1億人突破で笑みを見せるNHN Japanの森川亮社長(左)と舛田淳執行役員(18日、東京都渋谷区)

「LINE」の利用者数1億人突破で笑みを見せるNHN Japanの森川亮社長(左)と舛田淳執行役員(18日、東京都渋谷区)

過ぎてしまえば、その瞬間はあっけなかった。午後2時40分過ぎ、NHN Japan本社が入居する東京・渋谷の複合ビル「ヒカリエ」の27階。前方スクリーンのカウンターが1億を超えると、集まった社員が一斉にクラッカーを鳴らし、歓喜の声が湧いた。スタッフが次々と挨拶をした後、この日のために2週間前から海外ロケを敢行したというビデオが流れた。

■「こんなチームは、恐らく世界中探してもない」

「LINEしかやらない」「みんなやってる」「(大きな絵文字の)スタンプで感情を表現できるのがいい」「(スタンプキャラクターの)ジェームズが大好き」……。

1億人突破を記念したビデオが流された。LINEの特設サイトやユーチューブでも見ることができる

1億人突破を記念したビデオが流された。LINEの特設サイトやユーチューブでも見ることができる

東京・ソウル・ニューヨーク・バンコク・バルセロナ・台北の各地で見つけた通りすがりのLINEユーザーが次々と登場し、LINEへの思いを語る。いつの間にか日本発のLINEがグローバルサービスとなっていたことを印象づけるビデオだった。

イベントの最後、LINEの事業責任者で育ての親でもある舛田淳執行役員がマイクを握る。

「2011年の年末に社内で『1億ユーザーいきます。いかせます』といった時、恐らく誰もできるとは思っていなかった。全部署が一丸となり、昼夜問わずの頑張りがあってやり遂げることができた。こんなチームは恐らく世界中探してもない。まず自分たちに拍手を!」

そう皆で自らをたたえると、「LINEはこれで終わりではない。まだ進み続けている。世界展開を進め、さらに成長する。その思いを込めて一本締めで終えたいと思います」とまとめた。

■米フェイスブックより約3年も早いペース

LINEがサービスを開始したのは11年6月23日。最初はテキストメッセージのみだったが、同年10月に無料通話機能とスタンプ機能を追加した。これを機に日本のみならず、中東、台湾、東南アジア地域でもユーザーが伸び始めた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報