トレーラーハウスで被災地を支援

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2011/5/18付
保存
共有
印刷
その他

建築設計者の山下保博氏(アトリエ・天工人代表)が理事長を務めるNPO法人N・C・Sは2011年5月16日、日本トレーラーハウス協会と共同で、東日本大震災の被災者に対する住宅供給プロジェクト「モバイル・すまいる」を開始すると発表した。

トレーラーハウスを応急仮設住宅とし、将来は別の場所に移動して常設住宅としても利用できる仕様とする。移動や設置に関する費用を含め1戸当たり500万円程度で、2011年…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]