2019年7月24日(水)

有害化学物質の全廃、透明性を重視 ファストリの新田グループ執行役員に聞く
編集委員 滝 順一

(2/2ページ)
2013/3/20 7:00
保存
共有
印刷
その他

――繊維の洗浄剤に使うアルキルフェノールエトキシレート(APEO)と、水をはじく撥水(はっすい)加工用のパーフルオロカーボン類(PFC)の2種類の化学物質に関しては廃絶方針を明確にしました。代替できる物質があるのでしょうか。

「内分泌かく乱の作用が指摘されるAPEOに関しては今年6月末までにサプライヤーに対し全廃を求める。化学メーカーとの共同開発で代替物質のメドがついた。同様にPFCも代替物質の候補はあり、当社はそれを使えると考えているが、グリーンピースはより高い基準を掲げており協議中だ。16年7月の廃絶を目指す」

――グリーンピースとの連携はどのようなきっかけで始まったのですか。

「有害化学物質の全廃に向けて社内では07年からリストアップ作業を始め、工場に対して社内基準に従った使用の制限などを進めてきた。昨年8月にグリーンピースの報告書において当社の製品から有害化学物質が検出されたとの指摘を受け、話し合いを開始した。有害物質の使用をゼロにしたいという方向性は一致しており、経営のトップ判断で有害化学物質の全廃を目指すキャンペーンに協力することを決めた」

――世界の代表的なアパレル企業がグリーンピースと連携して動いていますね。

「H&Mやナイキ、プーマなどは連合を組んで取り組んでいる。当社は独自にしっかりした対策を講じ情報交換など必要があれば他社とも協力を進めていきたい」

――生産プロセスで有害化学物質を使わないことを商品に表示することは考えていませんか。

「取り組み状況はウェブサイトで公開するが、製品表示については何も決めていない。欧米の顧客は原産地や生産法などの説明責任を企業に求めることが多いが、これまで日本の消費者はそれほど敏感ではなかった。しかしこれからはどうか。安心して購入してもらうにはどうしたらよいか、手法は考えていきたい」

 ■取材を終えて
 化学物質規制では欧州連合(EU)が厳しい基準を課している。ファストリではそれより厳しめの社内基準を持っていたそうだが、今回グリーンピースとの連携でさらにもう一段、厳しい目標を掲げて全廃に取り組むことになった。新田さんは「限界に挑戦しないといけない。さらに高いチャレンジをすることで新しい商品が生まれる」と話す。これは柳井正会長を含めた「トップのコミットメント(約束)」だそうだ。
 同社のニュースリリースによると、全廃の対象にする有害化学物質にはAPEOやPFC類以外に、フタル酸エステル、臭素系及び塩素系難燃剤など11の物質があがっている。代替品開発や新しい生産プロセスの実現を通じて環境配慮に優れた製品を生み出すことがグローバル市場での競争力になるのだろう。
 グリーンピースは過激な環境保護活動で知られるが、このところグローバル企業に環境志向を競わせ、産業界を動かす形の運動を展開しはじめている。その点も注目される。

※「エコロミスト群像」は今回で終わります。

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。