/

この記事は会員限定です

原発動かすか、社会保障を抑えるか

編集委員 滝田洋一

[有料会員限定]

2030年時点の原子力発電への依存度をゼロにすべきだとの意見が、全体の47%にのぼった。政府が実施した討論型世論調査の結果である。

今や国民世論は原発維持よりも脱原発の方が優勢になったようだ。民主主義は民意による政治だから、政府のエネルギー政策も脱原発に向かっていくだろう。

ならば、原発ゼロと日本経済はどんな折り合いをつけるのか。政府が今年6月に発表した「エネルギーと環境に関する選択肢」では、事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン