/

この記事は会員限定です

ハウステンボスを次世代環境都市に 沢田社長の挑戦

[有料会員限定]
 長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」に、スマートハウスが完成した。太陽光などを活用し、省エネ性能を高めたのが特徴。沢田秀雄社長が実際に住んで快適性などを検証するという。得られたノウハウやデータを基に「スマートホテル」を建設し、さらには環境都市をつくるという構想の第一歩となるものだ。

「このスマートハウスでテストして、世界最高の生産性を実現するスマートホテルをつくりたい」。報道関係者向け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3082文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン