/

この記事は会員限定です

フィンランド発スマゲー大ヒット 「ノキアの次」育つか

北欧ゲーム王国 現地ルポ(上)

[有料会員限定]
 世界のゲーム業界が今、北欧のフィンランドに注目している。面積は日本よりやや小さく、人口約540万人の小国だが、パズルゲーム「アングリーバード」が世界中でヒットしたロビオ・エンターテインメントのようにスマートフォン(スマホ)向けゲームで大成功する企業も登場。ゲーム関連のスタートアップ企業は200社を超える「ホットスポット」なのだ。筆者は今月8~13日、同国のゲーム事情を取材するため現地を訪れた。有力企業の動向を中心に2回にわたってフィンランドのゲーム業界の実情を紹介する。(ジャーナリスト 新 清士)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン