/

この記事は会員限定です

台頭する「環境配慮型」養殖 ブリやカキを効率的に生産

[有料会員限定]
 魚介類の養殖で、水質汚染などの環境負荷を抑えた技術の実用化が進んでいる。環境への配慮と同時に生産性の向上や、天然の稚魚を使わない「完全養殖」も進めているのが特徴。第三者機関による養殖業の認証制度も始まっており、持続可能な食料調達の新手法として、注目を集めている。

地球の人口が増加し、健康志向から魚を食べる人が増えるなか、漁業資源の枯渇が深刻な問題になっている。2013年2月にはニホンウナギが環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン