/

この記事は会員限定です

バンダイナムコHDの若手、面白さの商品化に奔走

[有料会員限定]

ゲームや玩具、遊戯施設などエンターテインメント関連事業を手掛けるバンダイナムコホールディングス(HD)。商品価値は「面白さ」「楽しさ」「かわいさ」で決まる。ただ、定量評価しにくいだけに社内を説得し商品化するのは容易ではない。先輩たちは自分たちが考える商品の魅力を伝えることに奔走している。

入社4年目のプロデューサー

河合泰一さん(26)はゲーム事業会社バンダイナムコゲームスで、入社4年目にして部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン