/

この記事は会員限定です

ソーシャルゲームは「依存症」を生みだしているのか?

ゲームジャーナリスト 新 清士

[有料会員限定]

ソーシャルゲームのプレーヤー人口が世界で何億人もに広がったことで、今後数年以内に必ず注目を浴びると予測できるのが「ゲーム依存症」の問題だ。アイテム課金型のゲームでユーザーは無料で開始できるが、提供側はタイミングを見てユーザーに課金を「提案」し、ユーザーに応じてもらわなければならない。だがその瞬間に「気持ちがよい」と感じさせることが重要になる。

ソーシャルゲームで、お金を払って遊び続けているユーザー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン