新築の8割に搭載する時代へ 住宅用太陽光発電に潜む落とし穴

(1/4ページ)
(1/4ページ)
(1/4ページ)
2012/7/31 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 2009年の余剰電力買い取り制度導入をきっかけに、住宅用太陽光発電の市場は飛躍的に成長している。その一方で、既存の住宅に設置する場合には400kgにも達する太陽光パネルをどのように設置するかという「屋根問題」など、配慮すべき課題もある。こうした環境の中で、太陽電池モジュールの価格は下落し、市場に参入した各社の間で資本提携や業務提携が進んでいる。

2012年5月、太陽光発電協会は、住宅用太陽光発電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]