/

この記事は会員限定です

異例の1個600円 iPhone「箱」に革命(下)

[有料会員限定]
 切り出したばかりの豆腐のような滑らかさ。それが箱の表面ばかりか、内側まで続く――。世界中で人気を博す米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」は、箱のデザインまで徹底的に練り込まれている。今回、日経デザイン誌がiPhoneの箱を製造しているものと同じ機械を持つ工場を国内で発見。専門家の試算によると、iPhoneの箱1つ当たりのコストは、高級ブランドの腕時計を入れる箱の2倍に相当するという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2744文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン