日本発、情報セキュリティーの国際会議が初開催

2014/2/17付
保存
共有
印刷
その他

「情報セキュリティーの人材を育てる場にしたい」――。情報セキュリティーの国際会議「CODE BLUE」の実行委員長を務める、東京電機大学の佐々木良一教授は2014年2月17日、記者発表会の席上、同会議の開催目的などを説明した。CODE BLUEは、国内のスタッフや専門家によって国内で開催される、日本発の情報セキュリティー国際会議で今回が1回目。講演時には同時通訳を用意するが、日本語で論文の執筆や講演できることなどが特徴だ。これにより、英語がネックとなり国際会議の参加をためらっていた国内の専門家の参加を促す。

左から、「CODE BLUE」実行委員長の佐々木良一氏、レビューボード長の鵜飼裕司氏、基調講演のスピーカーであるジェフ・モス氏およびクリス・イーグル氏、発起人兼事務局の篠田佳奈氏

今回は、韓国語による講演もサポートする。「日本語に限らず、非英語圏の専門家を発掘し、世界に紹介したい」とCODE BLUEの発起人であり、事務局を務める篠田佳奈氏は話す。

専門家による講演だけではなく、会議参加者の交流の場なども用意する。研究者同士の情報交換の場を設けることで、セキュリティー人材の育成を図る。「人材の育成には、情報を共有する場が必要だ。CODE BLUEがその場になればと考えている」(佐々木教授)。

CODE BLUEでは、厳しい審査を通過した12件の論文が、基調講演2件とともに2日間にわたって発表される。今回の論文を審査したFFRIの鵜飼裕司 代表取締役社長は、「日本からトップレベルのセキュリティー人材を輩出する場にしたい」と意気込む。「サイバー攻撃は世界中で問題になっている。グローバルのセキュリティー向上に貢献できるような人材や技術を発掘する場として、今後も盛り上げていきたい」(鵜飼氏)。

2014年2月17日に基調講演を行ったジェフ・モス氏は、「日本でも国際会議が開催されるほど、セキュリティーのカルチャーが生まれてきていて喜ばしい」とコメント。同氏は、米国のセキュリティー会議「Black Hat」や「DefCon」の創立者で、現在はICANN(ドメイン名やIPアドレスを管理する非営利組織)の最高セキュリティー責任者や米国国土安全保障アドバイザリーボードなどを務めている。

翌2月18日に基調講演をするクリス・イーグル氏も、セキュリティー人材の確保の重要性に言及した。「米国も、日本と同様にセキュリティー人材が不足している。専門家を発掘する場を用意する必要性が高まっている。CODE BLUEのような取り組みを盛り上げることで、日本から専門家を"輸出"できるようになってほしい」とイーグル氏。同氏は米海軍大学校の上級講師として、多くのセキュリティー人材を育て上げた。世界最大級のセキュリティーコンテスト「DefCON CTF」において、学生を含むチームを何度も優勝に導いたことでも知られる。基調講演では、CTF(キャプチャー・ザ・フラグ)について話をする予定だ。

CTFとは、セキュリティーに関する技術を駆使して、主催者側あるいは相手側が隠したデータを見つけ出す競技。篠田氏によれば、来年以降のCODE BLUEでも、CTFの実施を検討したいという。

初回となる今回のCODE BLUEには、国内外からおよそ400人が参加。「継続的に開催して、コミュニティを形成したい」と篠田氏は語る。

(日経コンピュータ 勝村幸博)

[ITpro 2014年2月17日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]