2019年9月20日(金)

台湾用Wi-Fiルーターが1日500円 スマホを海外で安く利用

2012/7/18 6:33
保存
共有
印刷
その他

モバイル通信機器レンタルサービスを展開するテレコムスクエアは、海外渡航者向けに台湾で利用できるWi-Fi(無線LAN)ルーター「Wi-Ho!」を1日当たり500円で貸し出すサービス「夏の"ワンコイン"キャンペーン」を、期間限定で実施する。通常価格は760円で、約34%の値下げとなる。また、通話機能が付いたWi-Fiルーター「スマートWi-Fo!」も1日当たり1000円に値下げする。キャンペーン期間は7月17日から9月30日まで。

1日当たり500円で利用できる台湾向けのWi-Fiルーター「Wi-Ho!」

NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクモバイルのスマートフォンを海外で利用すると、パケット定額サービスが適用されるものの、1日の上限料金は2980円となり、1台ごとに料金が掛かるため、家族旅行の場合などは負担が大きい。テレコムスクエアのような業者のWi-Fiルーターを利用すれば、モバイル回線を共用できるため、通信費用を削減できる。

海外向けのWi-Fiルーターのレンタルサービスは、スマートフォンの普及もあって競争が激化している。1日当たりの価格は、韓国や中国などは800円前後、その他の国なら1200円程度が相場となっている。

テレコムスクエアによれば、今回の1日当たり500円というサービスは業界最安値という。同社は昨年(2011年)よりも増えると予想される夏の海外渡航者の取り込みを狙う。

(日経PC21 庵地裕彦)

[PC Online 2012年7月17日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。