統計軽視の医学界 福島発がんリスクを見誤るな 疫学専門家に聞く
編集委員 滝順一

(1/3ページ)
2014/6/23 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山大学の津田敏秀教授は、多数の人間を観察対象にして病気の原因などを調べる疫学の立場から、低線量放射線被曝(ひばく)の問題を提起する。年間被曝量が100ミリシーベルト以下であっても、放射線の影響ははっきりと表れると主張。福島県の検診で見つかり始めた小児甲状腺がんの増加に警鐘を鳴らしている。

■チェルノブイリ事故直後でも10代の子どもに発症がみられた

――低線量の放射線被曝のリスクに関し、「しきい値…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]