/

コースターから転落、6歳男児重傷 群馬の遊園地

17日午前11時ごろ、群馬県嬬恋村の遊園地「軽井沢おもちゃ王国」で、茨城県龍ケ崎市白羽の小学1年生、国府田尚君(6)が遊具の「ドラゴンコースター」から、約1.5メートル下のコンクリート面に転落し、右腕を折る重傷を負った。

小1男児が転落する事故があったジェットコースターの車両を調べる捜査員(17日、群馬県嬬恋村)=共同

軽井沢おもちゃ王国によると、出発時に女性係員がシートベルトが装着されていることを確認していた。ベルトは、腰を左右から固定するタイプ。長野原署は、ベルトが緩く、尚君の体が抜け落ちた疑いもあるとみて調べている。

長野原署によると、遊具は1両4人乗りで、2人がけの座席が前後に並んでいる。5両編成で計20人乗り。1周約63メートルで3周走る。最高時速は約30キロ。尚君は最後尾車両の前列に1人で座っており、3周目に転落した。

ドラゴンコースターに乗車できる身長制限は100センチ以上で、尚君は117センチだった。家族4人と来園していた。

軽井沢おもちゃ王国の遠藤保明支配人代行(44)は「事故原因を調査し、マニュアルに間違いがなかったか、検証を徹底したい」と話した。

妻や小学校4年の娘と訪れていた前橋市の男性(40)は「遊園地に来たらドクターヘリが低空を飛んでいてものものしかった。ここで事故が起こったなんて信じられない」と話していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン