/

この記事は会員限定です

小泉進次郎政務官が仕掛けた「福島第2廃炉」の波紋

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

原子力発電政策を巡って「父は父。私は私」と繰り返してきた復興政務官の小泉進次郎が仕掛けた。事故を免れた東京電力福島第2原発の全4基の廃炉こそ、福島県復興の大前提だと旗を振り始めたのだ。父の元首相・小泉純一郎の「即時原発ゼロ」とは違う道筋を選ぶかに見えて、ゴールは同じかもしれない。安倍政権中枢に波紋が広がる。

3月11日の決断

進次郎が退路を断ったのは13日の参院経済産業委員会。民主党の増子輝彦へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン