/

この記事は会員限定です

物価考 「100円の変更は困難」

平岡史生ワッツ社長

眠れるヒント(3) インタビュー

[有料会員限定]

100円ショップ大手各社が雑貨店としての性格を強める中、独自の道を行く業界大手のワッツ。「シルク」や「ミーツ」の店名で100円ショップを展開する同社の平岡史生社長に今後の100円ショップ業界の展望などを聞いた。

――100円ショップの歴史は。

「現在の100円ショップの直接的なルーツは雑貨の移動販売だ。催事販売をしていた一部の雑貨商が均一価格でのビジネスを始め、大創産業などが1980年代後半から固...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン