エリア51、米政府が存在認める 米紙、UFO触れず

2013/8/17付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】地球に不時着した未確認飛行物体(UFO)や宇宙人を搬入し、米軍がひそかに研究しているとマニアらの間でささやかれてきた米西部ネバダ州の区域「エリア51」について、ワシントン・ポスト紙(電子版)は17日「政府がついに存在を認めた」と報じた。

米中央情報局(CIA)が機密指定を解除された公文書を発表し、明らかになった。ただ、UFOや宇宙人を収容しているかどうかは触れていない。米政府や軍はこれまで、エリア51の存在自体を公に認めていなかった。

ロイター通信によると、エリア51はネバダ州ラスベガスの北西約130キロにある。冷戦期には、U2偵察機など米軍機の研究開発を秘密裏に行っていたとみられ、敷地周辺の立ち入りや撮影は認められず、侵入者には発砲も辞さないほど厳重に警備されている。

一方で「墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同生活している」などの風評が流れ、テレビドラマや映画で謎めいた施設として取り上げられるなど、エリア51と宇宙人、UFOにまつわる話題は後を絶たない。

今回、政府がエリア51の存在を認めたことで、「次は宇宙人の存在が証明される番だ」と、マニアの期待が一気に高まりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]