/

接待でも安心! 乗り物&レストランの「上座」をチェック

 前回は応接室での席次をマスターしました。しかし、ビジネスの場はオフィスだけではありません。お客様と一緒に電車や飛行機、タクシーなどで移動したり、レストランなどで会食する機会もあります。今回は乗り物とレストランなどでの席次をアドバイスします。

乗り物の席次も基本は応接室などと同じで、「入り口より最も遠い席」が最も上座にあたりますが、特有のマナーがあります。

通常、電車や飛行機では進行方向を向いた窓側が最上席で、末席は3列席の中央です。また、クルマの場合は自家用車や社用車と、タクシーの違いに注意が必要です。運転手が上司や、訪問先のお客様の場合は助手席が最上席となりますが、タクシーでは運転手のすぐ後ろの席が上座、助手席は末席になります。

女性が上司や取引先とタクシーに乗るとき、レディーファーストで先に乗るようにすすめられても、一度は断るのがマナーです。再度すすめられた場合は、「ありがとうございます。ではお先に失礼します」とお礼を言って乗って構いません。

レストランや宴席での席次もやはり出入り口の最も遠くが上座になります。だた、床の間のある和室の場合は、下の図のような順番となります。床の間とテーブルの位置関係もチェックを忘れずに。

円卓では出入り口から最も遠い席が上座。その席を起点に、左隣→右隣の順に職位が下がる。いずれも入り口近くには若手社員が座り、雑用をこなすのが基本です。

お客様が先に下座に座ってしまった場合は、まずは上座への移動をお願いします。しかし、判断するのはお客様なので、「ここでいい」と言われた場合は、無理に変更をお願いをしなくても、そのままでOKです。

この人に聞きました
笠井玲子(かさい・れいこ)
JALアカデミー 常務執行役員チーフインストラクター。日本航空客室乗務員を経て、5500社のビジネスコミュニケーション研修や公開講座の総合プロデュースに携わる。著書に『JALキャビンアテンダントのいきいきマナー講座』(共著、日本能率協会マネジメントセンター)など

(日経WOMAN 市川史樹)

[日経WOMAN別冊『仕事で差がつく☆マナー&女子力アップ術』(2010年4月発行)を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン