2019年7月18日(木)

使われたサリンは高品質 シリア問題で国連調査団報告

2013/9/17付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】国連安全保障理事会は16日、シリア問題について協議、化学兵器使用疑惑に関する国連調査団のセルストローム団長と潘基文事務総長が調査結果を報告し、使われたサリンはイラン・イラク戦争や東京の地下鉄サリン事件で用いられたものより高品質だったと明らかにした。

米国、英国、フランスの国連大使らはこれらの内容から「実行者は政権側」と非難したが、ロシアは「性急に結論を出す必要はない」と反論した。

潘事務総長は「これは戦争犯罪だ。国際社会は実行者の責任を追及する責任がある」と強調した。

英国のライアルグラント国連大使によると、シリアで8月21日に使われたサリンについてセルストローム氏は「東京の地下鉄サリン事件で使われたものの35倍に当たる350リットル」に上ると説明した。

ライアルグラント国連大使は、地下鉄サリン事件や、イラン・イラク戦争でのイラクのサリンより質が高いとの調査結果と合わせ「これが示すのは、家内工業で作れるものではないということだ」と述べ、反体制派が密造したものではなくアサド政権の行為だと指摘した。

16日公表された報告書はサリン使用を断定したほか、化学兵器使用が「比較的大規模」で、子供を含む一般市民も攻撃の対象になったと指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。