/

中国全人代が閉幕 李首相「20年まで7%成長めざす」

【北京=土居倫之】中国の李克強首相は17日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)閉幕後に首相として初めて記者会見し、施政目標について「持続的な経済発展を目指し、2020年まで年平均7%以上の経済成長を実現する。これは容易ではないが、中国には巨大な内需という有利な条件がある」と述べた。また第2の目標として民生の改善を挙げ、「低所得者の収入増により、中所得者層の拡大を目指す」と述べた。また農民や都市住民などの社会公正の確保にも言及した。一方、行政改革については「改革は容易ではないが、現在1700以上ある国務院(政府)各部門の行政認可事項を3分の1以上減らす」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン