/

この記事は会員限定です

TPPは安保政策の「踏み絵」 新政権の出方待つ米中

[有料会員限定]

「日米同盟を強化しないと、強い外交はできない」。安倍晋三次期首相は最初の訪問先を米国に定め、オバマ大統領との会談で同盟再構築をうたいあげることが、中国へのけん制にもなるとみている。だが中国は折をみて領空侵犯や領海侵犯を徐々に強め、安倍氏の言う「日米同盟の強さ」を試す可能性もある。そのとき、最も重要になるのが環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加問題になる。

政府高官は「オバマ大統領は実利を重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン