/

38歳ベッカム選手が引退 「今がふさわしい時期」

【ロンドン共同】イングランド・サッカー協会(FA)は16日、元イングランド代表主将のMFデービッド・ベッカム選手(38)=パリ・サンジェルマン=が今季限りで現役を引退すると発表した。「最高のレベルでプレーができている今が自分の選手生活を終えるにふさわしい時期だと感じた」との談話を出した。

英紙デーリー・メールの電子版によると、チームからは1年の契約延長のオファーを受けたが、引退を決意したという。

ベッカム選手は右足の正確なキックを武器に、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)でプロデビューし、1999年に欧州チャンピオンズリーグ制覇。その後はレアル・マドリード(スペイン)や米プロリーグMLSのギャラクシーなどでプレーし、1月に加入したフランス1部リーグのパリ・サンジェルマンで19季ぶりのリーグ制覇に貢献した。

イングランド代表でGK以外の選手としては代表最多通算115試合に出場。98年と2002年、06年のワールドカップ(W杯)3大会でプレーし、来日した02年W杯日韓大会で人気を集めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン