2018年9月20日(木)

貧しき離島出身の病院王 徳洲会・徳田虎雄氏の蹉跌

(1/4ページ)
2013/10/17 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京地検特捜部の強制捜査(公職選挙法違反)を受け、医療グループの徳洲会を率いる徳田虎雄(75)が8日、理事長の辞任を表明した。離島の貧村から一念発起して医者を志し、「医療改革」を掲げて日本医師会や地方自治体と衝突を繰り返しながらも、一代で国内最大の病院チェーンをつくりあげた「稀代の病院王」。蹉跌(さてつ)はどこにあったのか。

■眼球の動きだけで意思疎通

 JR東海道線の大船駅から車で10分の場所にあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報