/

「テルマエ」「おおかみ」が予想外のヒット

2012年ヒット番付(1)【映画】

日経エンタテインメント!

2012年、一番多くの人に見られた連続ドラマは? 最も売れたアルバムは?  どんな作品がヒットし、どんな現象が起こったか。エンターテインメント界の「映画」「テレビ」「音楽」に関連した動向を、「日経エンタテインメント!」誌データ分析コーナーレギュラー連載陣+スペシャルゲストが、セールスや視聴率などの年間ランキングデータから振り返る。

1年分のデータをまとめてみることで、見逃したり、聴き逃していたりした作品も見つかるかもしれない。3回連載の第1回は2012年の「映画」について、3人が座談会形式で紹介する(座談会は2012年11月に実施)。

「2012年の映画を語る」座談会 参加者プロフィール
A:「日経エンタテインメント!」編集部の映画担当。日本映画が得意。
B:インディペンデント映画会社社員。洋画事情に精通。
C:若手の映画宣伝会社社員。映画オタクあがり。

「海猿」「踊る大捜査線」を筆頭にシリーズものがランキング上位に

A2011年は震災の影響で、年間興行収入が1811億円と2000年以来の低い数字。2012年は盛り返し、年間興収は前年比10%程度の増加で推移しているので、2000億円前後になりそう。

B 例年並みの成績だね。年間興行ランキングを見ると、「BRAVE HEARTS 海猿」などシリーズものが目立つ。

C デフレの時代に相変わらず1800円を支払うわけだから、観客は「つまらなかった」という思いをしたくない。作品選びに慎重になり、事前に内容が分かるシリーズものを選択する傾向が強くなっている表れでしょう。でも、シリーズものは回を重ねるごとに新鮮さがなくなるから、興行成績は右肩下がりになりがち。そんななかで、安定した人気を誇るのが「海猿」です。前作が80.4億円、今作が73億円。前作は入場料金が高い3D公開があったから、観客動員数で見ればほぼ同じ。

A 人気の秘密は?

C 「海猿」最大の見どころは救助活動のスペクタクル映像。2作目が座礁した大型フェリー、3作目が海上の天然ガスプラント、そして今作が東京湾に着水したジャンボジェット機。救助活動の舞台設定に毎回目新しさがあり、期待通りのスケール感で見せてくれることでしょう。

A 「海猿」と違って「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」は、前作の73.1億円から59億円へダウン。有終の美を飾れなかった。なぜかな?

「踊る大捜査線 THE FINAL」が伸び悩んだ要因は?

C 真下が署長として活動したり、香取慎吾が出演したりと目新しさはあるけど、最大の問題点がシリーズを締めくくる感じがしないこと。青島刑事が死ぬわけじゃないし、観客はなぜ「THE FINAL」なのか分からない(笑)。

B 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」も前作から興収を落としました。シリーズ初の3D公開が最大の売りですが、年配客が多い「ALWAYS」にはあまり響かなかったようです。

C 洋画を見ると、「バイオハザードV」「メン・イン・ブラック3」は前作の興収を下回ったけど、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」は少し上回った。「トム・クルーズがクレムリン爆破の容疑者として追われる身になる」というストーリー展開に新鮮さがあったし、「クルーズが世界一の超高層ビルをよじ登る」という分かりやすいアクションシーンも良かった。「スマートフォンツイッターの時代になり、映画の特徴をワンフレーズで語れないと口コミに乗りづらい」と言われるからね。

B トム・クルーズの来日効果も大きかったんじゃないかな。27時間の滞在で、記者会見、完成前のスカイツリー訪問、そしてファンミーティングをこなし、メディアで大きく取り上げられた。

C 新鮮さという点でいうと、出演者と監督を総入れ替えした「アメイジング・スパイダーマン」が最も当てはまるけど、興収は前作の半分以下。フレッシュな若手俳優を起用したぶん、観客にはピンとこなかったようだね。

A日本映画界を驚かせた最大のニュースは「テルマエ・ロマエ」の大ヒットでしょう。「人気マンガの映画化とはいえ、興収20億円に届けば上出来」との予想が映画関係者の大半だったけど、ふたを開ければ59億円。阿部寛など彫りの深い顔の日本人が古代ローマ人を演じる一方、ベテラン俳優・笹野高史などが"平たい顔族"こと純和風顔の日本人を演じるキャスティングが観客に受けたね。

C フジテレビの製作だけど、テレビの大量宣伝に頼るのではなく、お風呂に関連したキャンペーンやコラボで盛り上げていた。バンダイから入浴剤が発売されたり、牛乳石鹸やTOTOとキャンペーンをしたり。お台場「大江戸温泉」でのイベントもあった。

A テレビCMは、阿部寛が日本にタイムスリップするストーリーを紹介するバージョンから、阿部がウォシュレットに驚くリアクションで笑わせるバージョンなど数種類を作成。映画をいろんな角度から紹介することで観客の興味を高めたね。

C ランキングにはシリーズものや原作ものが多いなか、オリジナル作品として大ヒットした「おおかみこどもの雨と雪」も特筆すべきでしょう。細田守監督作は「時をかける少女」が興収3億円、「サマーウォーズ」が16.5億円、そして「おおかみ」が42億円だから、まさに「ホップ、ステップ、ジャンプ」。2011年のスタジオジブリ「コクリコ坂から」が44.6億円だったから、ジブリに肩を並べたといえそうだ。

B 作品の評判が口コミで広がったね。母親が子育てに奮闘する姿と、子どもの成長と巣立ちを描いた人間ドラマがしっかりできているし、雨と雪がおおかみと人間の姿でくるくる変身を繰り返すシーンはアニメらしいかわいらしさ。

C 「サマーウォーズ」から出資している日本テレビの配給戦略も大きいんじゃないかな。「サマーウォーズ」ではワーナーに任せたけど、「おおかみ」は東宝。東宝配給のアニメ映画は春に「ドラえもん」、ゴールデンウイークに「コナン」「しんちゃん」があるから、東宝に配給してもらえばこの時期に予告編をかけられ、家族客にPRできるからね。

B 監督自らが書き下ろした原作小説は、文庫版、読み仮名を振った児童書版ともランキングに入るほど売れた。公開中にベストセラーになったことで、書店発の宣伝効果も生まれたね。

A 他の邦画ヒット作で注目は「るろうに剣心」「のぼうの城」の時代劇アクション。勝因は?

C 「るろう」は殺陣(たて)、「のぼう」は合戦とアクションシーンが映画の要だけど、きっちり描いた監督の手腕が大きいでしょう。「るろう」の大友啓史監督は長回しや3台のカメラで同時に撮影することでリアルさやスピード感を徹底追求。「のぼう」では人間ドラマ部分を犬童一心、アクション部分を樋口真嗣が中心になって監督。得意分野ですみ分けた演出が奏功した。

米国はアメコミ映画がヒット

A 一方、米国での年間ランキングを見ると、「アベンジャーズ」「ダークナイト」「スパイダーマン」とアメコミの映画化が相変わらず人気だった。

B 米国の観客層の中心は10代から20代前半とファミリー層。アメコミの映画化は10代から20代前半の男性に人気だからね。

C 10代から20代前半の女性には「ハンガーゲーム」「トワイライト・サーガ」が好評。いずれも日本ではパッとしない成績だったけどね。

A ファミリー層にはCGアニメが人気。「メリダとおそろしの森」を筆頭に、「マダガスカル3」「ロラックスおじさんの秘密の種」「ホテル・トランシルベニア」と4本がトップ20入り。日本でもアニメ映画はヒットするから、日米で同じ傾向だね。

B あと根強いのがコメディー映画。「テッド」「21 ジャンプ・ストリート」と2本がランクインした。

A 近年、コメディー映画は日本で当たらないけど、米国では作り続けられている。アメコミの映画化も増えている。日本で当たりづらい洋画が多くなる一方なので、日本では洋画不振は今後も続きそうだね。

(日経エンタテインメント!編集部 白倉資大、ライター 安保有希子)

[日経エンタテインメント!2013年1月号の記事を基に再構成]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません