/

iPhone地図アプリ、グーグルの開発が最終段階か

米Wall Street Journalは現地時間2012年11月15日、米グーグルがiPhone向け地図アプリの開発を進めており、すでに最終段階に入っていると報じた。事情に詳しい情報筋の話として、グーグルは試験版を外部の関係者に提供しており、具体的な日時は分からないが、米アップルのアプリ配信サービス「App Store」の承認申請をすると伝えている。

同紙によると、開発中の地図アプリは、Android向け地図アプリや、アップルの独自アプリなどと同様に、ナビゲーション機能が付くという。

アップルはiPhone 5に標準搭載のモバイルOS「iOS 6」で、グーグルの地図アプリに代えて自社開発の「Maps」を導入。ところが、情報不足や不具合があるとの苦情が相次ぎ、Tim Cook最高経営責任者(CEO)が公式謝罪した経緯がある。その後、iOS部門でトップを務めていたScott Forstall氏が辞任したが、地図アプリの失敗や、それに端を発した幹部陣との不和が原因だったと見られている。

Wall Street Journalによると、アップルのMapsはすでにEddy Cue上級副社長率いるオンラインサービス部門に移管されて改良中。だが、グーグルの新しいアプリは、アップル製Mapsの品質に不満を抱く利用者を取り込める可能性があるという。先に公開したiPhone用YouTubeアプリと同様に、収入が見込める関連サービスと連携したり、広告を表示したりすることで、グーグルは売り上げを増やせると同紙は伝えている。

[ITpro 2012年11月16日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン