/

閣僚の小選挙区敗北相次ぐ 官房長官や財務相・文科相

今回の衆院選では、多くの民主党現職閣僚が小選挙区で敗北した。首相官邸の留守番役を務める藤村修官房長官のほか、三井辨雄厚生労働相、田中真紀子文部科学相、城島光力財務相、樽床伸二総務相、中塚一宏金融担当相の6人が午後11時段階で敗退した。民主党は全員が比例代表と重複立候補しているため、惜敗率で当選する可能性がある。閣僚経験者では仙谷由人元官房長官も小選挙区で敗れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン