/

この記事は会員限定です

任天堂・ソニー、新型ゲーム機投入 7年ぶり対決へ

[有料会員限定]

任天堂が2月26日に3D(3次元)対応携帯ゲーム機、「ニンテンドー3DS」を発売するまで秒読み段階に入った。今年は年末にソニーも子会社、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)を通じ、「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の後継機「NGP」を2011年末に発売。ゲーム業界にとって節目の年となる。両社が従来の「ニンテンドーDS」と「PSP」を発売したのは2004年。その後のスマートフォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2509文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン