Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

圧巻の映像体験 「自動生成」が生む新世代ゲーム
ジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2014/1/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

 家庭用ゲームソフト開発で注目されている技術がある。データの自動生成技術だ。データ作成手続きを数式などで設定しておくと、人間の手作業よりはるかに簡単に膨大なデータを処理し、人間には作れない壮大な映像を作成する。自動生成を活用したゲームの映像はソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)「プレイステーション4(PS4)」やマイクロソフト「XboxOne」など高性能な家庭用ゲーム機ほどその魅力を存分に楽しめる。自動生成技術はスマートフォン(スマホ)向けゲームにはない、家庭用ゲームならではの新しいコンテンツの登場を予感させる。

PS4は13年11月に発売した欧米で、予想以上に好調な売れ行きをみせている
画像の拡大

PS4は13年11月に発売した欧米で、予想以上に好調な売れ行きをみせている

■開発時の負担を大幅に軽減

 ゲームソフトの映像を構成する3D(3次元)データは、一般に映像制作の専門スタッフが手作業で作成している。開発作業では、ゲームに登場する人物、車、街、森などを構成する要素の3Dデータを用意しなければならない。ユーザーがゲーム内で動き回るマップを広く作れば作るほど膨大なデータ処理が必要になり、作業は複雑化し手間も増える。

 ストーリーを盛り上げたり構成を面白くしたりするため、ゲーム開発の途中でマップにさまざまな修正を加えていく。その場合も手作業が基本で、それが家庭用ゲームの開発コスト上昇の一因となり、ゲーム会社にとっては重荷なのだ。

 自動生成技術を使うと、こうしたゲーム開発時の負担が大幅に軽減できる。すでに既存のゲームでも自動生成を導入し、ゲームに登場するキャラクターの動きを人間に近い滑らかさで描写したり、樹木や森、海、空といった風景の映像を簡単に作成したりするケースが増えている。

 注目されるのが、ゲームの根幹にかかわるすべての開発作業やゲームシステムに自動生成技術を応用しようという動きが広がりつつあることだ。

■視聴者の度肝を抜いた映像

 米ケーブルテレビのスパイクは2013年12月、年間の最高のゲームを表彰する番組を放映した。番組中に新作ゲームを紹介するコーナーがあり、ここで流れたある新作ゲームの1分30秒のプロモーション映像が多くの視聴者の度肝を抜いた。

 SFをテーマにした英ハローゲームズの「ノーマンズ スカイ」がそれだ。プロモーション映像は冒頭で「このゲームの物質はすべて自動生成されている」と説明。次に「葉、木、鳥、岩、海、空、廃虚、星、太陽、銀河、惑星も自動生成されている」と紹介し、最後に「登場する惑星に同じ物はない」と締めくくり、ゲーム映像が始まる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

VR体験のイメージ。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」を装着してプランを体感してもらう。VRの体験者が見ている映像は、打ち合わせの同席者もディスプレー上で確認することができる(資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

1億円超の邸宅建設 VRで「イメージギャップ」解消

「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VR(仮想現実)を活用する動きが活発になっている。設計事務所のフリーダムアーキテクツデザイン…続き (9/6)

図1 はやぶさ2の模型。実機は2014年12月に打ち上げられた

新技術テストに成功 小惑星到達近づく「はやぶさ2」 [有料会員限定]

 小惑星リュウグウの土壌サンプルを持ち帰ることをミッションとする、小惑星探査機「はやぶさ2」は今、どうなっているのか――。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年7月12日、現状を説明する記者会見…続き (9/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • インテルとWaymo、完全自動運転の実現を目指して協力
  • 触って感じた「iPhone X」第一印象―「iPhone 8/8 Plus」とどう違う?
  • グーグルも交えて大混戦、通信・メディア再編の鍵は映像とモバイル

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月20日付

2017年9月20日付

・香港のIT企業「オクト3」、電子コインで資金調達
・キャトル、試供品、狙った顧客層に配布
・日本バルカー、複数用途対応のグランドパッキン販売
・鉄鋼、旺盛な需要下で相次ぐ設備トラブル
・低コストの宅配ロッカー、ウィルポート 外部電源不要に…続き

[PR]

関連媒体サイト