/

この記事は会員限定です

国を背負うトヨタ、構造的「GM化」の懸念

トヨタ自動車(上)

ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

[有料会員限定]

トヨタ自動車が2014年3月期連結決算で過去最高益を6年ぶりに更新しました。加えて、13年度の世界販売台数が自動車メーカーとして初めて1000万台を突破。08年のリーマン・ショック後に大幅な赤字に沈んだ低迷期からV字型で復活を遂げたかに見えます。トヨタは完全復活したのか。今回はトヨタを分析します。

過去最高益でも株価はピークの70%

今回のトヨタの好決算の背景には、「守りの経営」と「原点回帰」が奏功したと考えています。リーマン後の「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン