/

この記事は会員限定です

海外が占う最善・最悪の安倍シナリオ

編集委員 秋田浩之

[有料会員限定]

何かを成し遂げるかもしれない。混乱を招くのではないか……。個性が強そうな指導者が登場したとき、世間ではたいてい、このように期待と悲観が交錯する。

関連記事
・11月15日日経朝刊6面「衆院解散表明で欧米メディア、アジア情勢や右傾化懸念」
・11月15日朝日朝刊11面「次期政権の右傾化警戒、中韓メディア報じる」
・12月5日読売朝刊14面「衆院選、米、政権安定望む声」
・12月5日産経朝刊8面「『安倍氏の柔軟性、期待』、中国、メディアが特集」

日本を見守る海外の視線にも、似たところがある。「保守派」「タカ派」。外国メディアでは、自民党の安倍晋三総裁をこう評する記事が目立つ。そんな彼が首相に返り咲くことについて、各国の反応はさまざまだ。

まず、日本研究の第一人者である米国のリチャード・サミュエル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン