/

この記事は会員限定です

外交官としてロシア革命に遭遇

悲運の宰相・芦田均(1)

特別編集委員 安藤俊裕

[有料会員限定]

「政客列伝」シリーズはこれまで、首相にはならなかったが、首相に匹敵する存在感のあった有力政治家を取り上げてきた。今回はその例外として首相経験者の芦田均(1887~1959)を取り上げる。

現行憲法の制定過程で大きな役割を担った芦田は人格・識見、頭脳の明晰(めいせき)さ、演説のうまさ、どれをとっても日本の議会政治史上、トップレベルの政治家である。日本的な親分・子分の関係を好まない近代的合理主義の政治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4451文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン