/

この記事は会員限定です

自販機での購買行動、ダイドー「ITめがね」で分析

[有料会員限定]
 消費者が清涼飲料の自動販売機の商品を見てから購入するまでは、平均2~3秒しかかからない。このわずかな時間に起きる消費者の視線の動きを、IT(情報技術)を駆使しためがねでつかみ、主力商品の売り上げを伸ばしているのがダイドードリンコ。「アイトラッキング」と呼ぶITを使い、「消費者は最初に自販機の左上を見る」という社内マーケティング部門の定説を覆した。商品パッケージやテレビCMの改善にも役立てている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン