台風18号、愛知県に上陸 3府県に大雨特別警報

2013/9/16付
保存
共有
印刷
その他

大型の台風18号は16日、紀伊半島沖を北上、午前8時前に愛知県豊橋市付近に上陸した。近畿を中心に広い範囲で大雨となり、気象庁は午前5時5分、福井県、京都府の全域、滋賀県のほぼ全域に大雨特別警報を発表。「これまでに経験したことのないような大雨になっている」として、最大級の警戒を呼び掛けた。

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円の範囲は風速25m/s以上の暴風域。白の点線は予報円(台風の中心が到達すると予想される範囲)。薄い赤のエリアは暴風警戒域(台風の中心が予報円内に進んだ場合に暴風域に入る可能性のある範囲)。9月16日9時推定

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。赤円の範囲は風速25m/s以上の暴風域。白の点線は予報円(台風の中心が到達すると予想される範囲)。薄い赤のエリアは暴風警戒域(台風の中心が予報円内に進んだ場合に暴風域に入る可能性のある範囲)。9月16日9時推定

8月30日の運用開始以来、特別警報の発表は初めて。3府県では台風を取り巻く雨雲が流れ込み、15日午後から雨が降り続いていた。

各地の警察や消防によると、15日深夜に滋賀県栗東市で土砂崩れがあり、住宅1棟が倒壊して女性1人が行方不明。16日朝には福井県美浜町の住宅の裏山が崩れ、女性1人が行方不明になった。京都府福知山市は、全域の約8万1千人に避難指示を出した。各地で避難勧告も相次いだ。

大気の状態が不安定になり、埼玉県熊谷市と群馬県みどり市では突風が発生。JR東海は16日、東海道新幹線米原―京都間で始発から運転を見合わせ、その後、掛川―三河安城間でも運転を見合わせた。

気象庁によると、京都市右京区京北や大津市で16日朝までの48時間雨量が約300ミリに達し、9月の月間雨量平年値を超えた。三重、奈良両県でも500ミリを超えた所がある。神戸市では瞬間風速38.3メートルの非常に強い風が吹いた。

台風は16日午前、関東甲信から東北南部を通って夜には三陸沖に抜ける見通し。西日本と東日本は16日夕まで、北日本は16日夜にかけて非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れがある。

17日朝までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、東北と関東甲信、東海300ミリ、北陸250ミリ、近畿と北海道200ミリ。

台風18号は16日午前6時現在、浜松市の南西約120キロの海上を時速約40キロで北北東へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心の南東110キロと北西70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]