/

米大統領、サマーズFRB議長指名断念 本人が辞退

【ワシントン=藤井彰夫】オバマ大統領は15日、来年1月に任期切れを迎えるバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の後任にサマーズ元米財務長官を指名することを断念することを明らかにした。与党・民主党内からもサマーズ氏指名に反対論が強まるなかで、サマーズ氏自身が同日、大統領に選考候補からの辞退を申し入れ、大統領もこれを受け入れた。

オバマ大統領はサマーズ氏を次期議長に起用する方向で最終調整に入っていたが、米議会上院で人事承認のカギを握る民主党の中道派議員の間でも、サマーズ氏の起用に反対論が浮上、指名しても議会承認の難航が避けられない見通しになった。

サマーズ氏は同日、大統領宛に送付した書簡のなかで「私の議会承認手続きは厳しいものになり、FRB,政府そして究極的には米国の経済再生のためにならないと、不本意ながら決断した」と辞退の理由を説明した。サマーズ氏の辞退で、オバマ大統領は次期議長選びの再調整を迫られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン