台風接近、初の大雨特別警報 滋賀・京都・福井に

2013/9/16付
保存
共有
印刷
その他

大雨特別警報が出された福井県小浜市の冠水した道路で立ち往生する車(16日午前8時30分ごろ)=共同

大雨特別警報が出された福井県小浜市の冠水した道路で立ち往生する車(16日午前8時30分ごろ)=共同

大型の台風18号の接近に伴い、気象庁は16日午前、滋賀県、京都府、福井県で過去に経験のないような大雨が降っているとして、大雨特別警報を発表した。土砂崩れや河川の氾濫、低い土地の浸水など災害の危険がさし迫っており、同庁は「命を守る行動を取ってほしい」と最大級の警戒を呼びかけた。特別警報の発表は運用開始の8月30日以来、初めて。

住民は自治体の避難勧告などに留意し、避難所に避難するか、外出が危険な場合は建物の上層階に移動するなど、より安全な場所にとどまる必要がある。

16日午前6時すぎに記者会見した気象庁の横山博予報課長は、「台風は今後北東に進むため、3府県以外の地域でも十分な注意が必要。油断しないでほしい」と強調した。

大津市、京都市、福井県小浜市では15日午前0時から16日午前5時半までの雨量が300ミリ前後に達し、9月の平均雨量をいずれも100ミリほど上回っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]