/

この記事は会員限定です

次は行政サービス? セブンの「買い物リスト」

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが今月に入ってから立て続けにM&A(合併・買収)に踏み切っている。2日には通販大手、ニッセンホールディングス、4日には高級衣料品専門店のバーニーズジャパン、10日には中国地方が地盤の食品スーパー、天満屋ストアだ。M&Aではないが、中国から四国、九州地区で総合スーパーなどを運営するイズミとの間で電子マネーの相互交換を発表した。

関連記事
・12月3日 日経新聞朝刊3面 「セブン&アイ、ニッセンHDを買収」
・12月4日 日経新聞朝刊9面 「セブン&アイ、バーニーズ買収に出資」
・12月10日 日経新聞朝刊1面 「セブン&アイ 天満屋ストア株取得」

M&Aの裏に「店ぞろえ戦略」

3つのM&Aでセブン&アイが投じる資金は約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン