直径45メートルの小惑星、無事通過 観測史上最接近
秒速8キロ、北極方面に抜ける

2013/2/16付
保存
共有
印刷
その他

アルゼンチンの天文台が日本時間15日午前に撮影した接近中の小惑星「2012DA14」=NASA提供・共同

アルゼンチンの天文台が日本時間15日午前に撮影した接近中の小惑星「2012DA14」=NASA提供・共同

地球に近づいていた直径45メートル、重さ推定13万トンの小惑星「2012DA14」が日本時間16日午前4時25分ごろ、地球に最接近し、静止衛星よりも近い上空2万7700キロを通り過ぎた。これほどの大きさとしては、観測史上最も近づいた小惑星となった。

15日にはロシア南部に隕石(いんせき)が落下し約1200人の負傷者が出たが、米航空宇宙局(NASA)によると、小惑星の接近による地球への影響はなく、国際宇宙ステーションや人工衛星などの被害もなかったとみられる。

小惑星は秒速8キロで地球の南極方向から近づきインド洋上で最接近、北極方向に抜けた。最接近時は、地表から地球2個を並べたのに相当する距離だった。NASAは、このサイズの小惑星が地球に落下すると、東京都の面積の半分程度に当たる約1200平方キロが吹き飛ぶと試算していた。

この小惑星が再び地球の近くに来るのは2046年だが、今回よりはるかに遠く、最接近時でも100万キロは離れているという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]