2018年1月20日(土)

メジャーリポート

フォローする

右肘靱帯の修復手術、ヤ軍・田中は避けられるか

(1/2ページ)
2014/7/20 7:00
保存
共有
印刷
その他

 ヤンキースに激震が走った、といっても過言ではない。メジャー最多の12勝を挙げ、投手陣をけん引してきた田中将大(25)が8日のインディアンス戦後に右肘の痛みを訴えた。磁気共鳴画像装置(MRI)検査の結果、「右肘内側側副靱帯の部分断裂」と診断された。リハビリには6週間かかり、リハビリがうまくいかなかった場合には手術も選択肢に入ってくる。手術になれば、通称トミー・ジョンといわれる靱帯の修復手術になるだけに心穏やかではないだろう。

マット・ハービーとの共通点

 真っ先に思い浮かぶのはマット・ハービー(メッツ)のケースだ。1989年3月生まれの25歳、日本なら田中と同学年に当たる投手だ。2012年後半に彗星(すいせい)のごとく登場し、13年オールスターの先発マウンドにも立った。地元ファンが誇れる数少ない期待の星が昨年8月24日の試合後、右肘の痛みを訴え、靱帯の部分断裂が判明した。

 しょげかえりながらも「リハビリで戻る」と繰り返したハービーだったが、2カ月後に手術した。現在、来季開幕を目指してリハビリの最中だ。

 ハービーは言う。「(少々の違和感や疲労について)投手は皆そんなもんだと思った。ましてや僕の場合、7月からあった違和感は前腕部、手首に近いあたり。それ以外はいつも通りだったから」

 田中とハービーには共通点がある。それぞれのチームで好成績を挙げ、彼らへの依存度が非常に高かった。しかもデビューして1~2年目。2人とも大リーグでは新人のような存在で、「やらねばならない」という意識は強かったろう。

登板時の「不安」が駆け巡る

 手術を避けるのは難しかったのだろうか。「いや、精神的な問題だった。手術を回避するつもりで懸命にリハビリしていた。断裂した箇所は小さかったから、戻れたと思う」とハービー。しかし、リハビリの途中で「次に投げたとき、ブチっていったら……」という思いが頭を駆け巡り、「手術がベストの選択と思うようになった」。

 15日(日本時間16日)のオールスターで先発したアダム・ウェインライト(32、カージナルス)のようなケースもある。マイナー時代の04年、リハビリによって右肘靱帯の部分断裂から復帰した。「断裂は小さかったし、全く問題なかった」。その後、06年ワールドシリーズ制覇に貢献し、07年から4年連続で2桁勝利し、10年には20勝を挙げた。しかし、11年春に再び靱帯を断裂していることが判明し、手術した。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

大リーグコラム

メジャーリポート 一覧

フォローする
ダルビッシュの所属先はまだ決まっていない=APAP

 米大リーグの今オフは歴史に残るほど「寒いストーブリーグ」が続いている。去就が注目されるダルビッシュ有をはじめ、大半のトップ級のフリーエージェント(FA)選手の所属先がまだ決まっていない。FA市場のこ …続き (1/15)

アストロズは一発攻勢で圧倒するなどワールドシリーズでも自分たちの戦いを貫いた=APAP

 右へ、左へと白球が高く舞い上がり、次々に米カリフォルニアの空へ吸い込まれていく。大リーグの2017年ワールドシリーズ第2戦(10月25日)では、アストロズとドジャースの両軍合わせて1試合8本塁打(ワ …続き (1/8)

Baseball player Shohei Ohtani, from Japan, smiles during a news conference at Angel Stadium, Saturday, Dec. 9, 2017, in Anaheim, Calif. Ohtani, who intends to be both a starting pitcher and an everyday power hitter, turned down interest from every other big-league club to join two-time MVP Mike Trout and slugger Albert Pujols with the Angels, who are coming off their second consecutive losing season and haven't won a playoff game since 2009. (AP Photo/Jae C. Hong)AP

 2014年11月に日米野球が行われたとき、米スポーツ専門局「ESPN」から依頼されて、後にエンゼルスに入団する大谷翔平のインタビューをしたことがある。
 コンクリートの壁に囲まれた、東京ドームの一塁側 …続き (2017/12/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]