/

非常用発電機に異常警報 大飯原発4号機

再稼働作業に影響なし

(更新)

16日午前1時20分ごろ、関西電力大飯原発4号機(福井県おおい町)の中央制御室で非常用ディーゼル発電機の補助モーターの異常を示す警報が作動した。

経済産業省原子力安全・保安院によると、非常用発電機本体には異常がなく、4号機の再稼働作業に影響はないという。補助モーターが故障したとみて、関電とともに原因を調べている。

補助モーターは、保守のために非常用発電機のギアを定期的に回転させる装置。16日未明に作動させたがギアが動かず、過負荷警報が出た。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン