スプリントを手中にした孫社長 米国進出に潜む懸念材料
ジャーナリスト 石川 温

(1/5ページ)
2012/10/16 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクは15日、米携帯電話3位のスプリント・ネクステルを買収すると発表した。買収総額は約201億ドル(約1兆5700億円)。このうち約121億ドルはスプリントの株主に支払われ、80億ドルはスプリントのネットワーク強化や戦略的投資、財務体質の強化に充てる。この買収によりソフトバンクは携帯電話事業の売上高で世界第3位に浮上するが、これから始まる米国進出を前に、端末調達やサービス展開などに懸念材…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]