/

無線通信「ブルートゥース」、対応製品じわり広がる

PC・スマホに対応 省電力「4.0」で利便性拡大

無線通信規格のBluetooth(ブルートゥース)に対応したパソコンやスマートフォン(スマホ)の周辺機器が広がりをみせている。ブルートゥースの最新規格である「4.0」に対応し、電池の持ちを従来製品より大幅に延ばしたマウスやイヤホンマイクが増えているほか、スマホの置き忘れ防止装置など、スマホの普及に歩調を合わせて新たな対応機器も登場している。

ブルートゥースはパソコンやスマホ、タブレット(多機能携帯端末)といったコンピューターと、キーボードやマウス、イヤホンマイクなどの周辺機器を無線接続するための通信規格。当初はパソコンの周辺機器のみで普及のスピードは遅かったが、スマホのほぼ全機種でブルートゥースが標準搭載されたことを受け、ここ数年で対応機種が大幅に増加。「単一の周辺機器を複数のパソコン、スマホ、タブレットなどで使い回せる」(パソコン周辺機器大手のバッファロー)という利便性も普及の追い風になっている。最近ではカーナビや血圧計、体重計などでもブルートゥース搭載製品が登場している。

ブルートゥースの最新規格である4.0は、消費電力を従来より大幅に抑える通信モードを新たに備えたのが特徴だ。同モードで通信する場合、速度は最大毎秒1メガビット(Mbps)と遅いものの、相手の機器との間で通信する時間を最小限にし、合間の時間は電波の発信を極力控えるなどして、小型の電池しか備えていない機器でもブルートゥースを長時間使えるようにした。スマホでは11年10月に発売された米アップルの「iPhone4S」をはじめ、11年末~12年春ころを境にブルートゥース4.0対応製品が増えている。

ブルートゥース4.0対応のスマホが増えているのに併せ、パソコン周辺機器大手が4.0対応の周辺機器のラインアップを増やしている。エレコムは15日、無線マウスの新製品「M-BT11BB」を1月下旬に発売すると発表した。価格は5838円。ブルートゥース4.0に対応して消費電力を大幅に低減した。単3形電池1本で駆動し、標準的な使い方なら320日(約10カ月半)程度は電池交換が不要という。同社の従来製品は単4形電池2本で駆動し、機種にもよるがおおむね1カ月強で電池の交換が必要だった。

 バッファローが販売しているブルートゥース4.0対応マウス「BSMBB09DS」は、単3形電池2本で432日(約1年2カ月)の駆動が可能という。イヤホンマイクなども「同じ容量の電池を内蔵した製品同士で比較すると、4.0対応モデルの連続通話時間は3.0対応モデルより25%程度長い」(バッファロー)といい、外出時に電池切れを気にせずに使えそうだ。

ブルートゥース4.0の消費電力の低さを生かしたユニークな製品も生まれている。ロジテックはスマホの置き忘れを防止するペンダント「ぶるタグ」を販売している。あらかじめ登録したスマホとの距離が一定以上離れるとぶるタグが鳴動し、置き忘れや置き引きなどを警告する。スマホの置き場所が分からなくなった場合、半径数メートル以内にあれば、ぶるタグに付いているボタンを押すとスマホが鳴動して置き場所を確認できる。男性向け、女性向け、子供向けなど複数のモデルを用意しており、実売価格は3000円前後だ。

カシオ計算機は腕時計「G-SHOCK」でブルートゥース4.0対応モデルを2機種販売している。ぶるタグと同様の置き忘れ防止機能に加え、電話やメールの着信時に腕時計のアラームやバイブレーターが作動して通知する機能や、スマホが携帯電話の回線網から受信した正確な現在時刻を腕時計に反映させて、腕時計の現在時刻を補正する機能などを備える。ボタン型電池1個で約2年間動作するとしている。実売価格は1万5000円前後。

(電子報道部 金子寛人)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン