/

この記事は会員限定です

"終わりなき反復"から抜け出す

「アジャイル」成功・失敗の分岐点(2)

[有料会員限定]
 一見簡単に思えるアジャイル開発手法[注1]は、ウォーターフォール[注2]にない難しさが四つあります。「イテレーション(反復)」[注3]「ドキュメント」「コミュニケーション」「マネジメント」です。克服のカギは現場で手法をカスタマイズすること。本連載では、この四つを順次見ていき、成功テクニックを探ります。今回(連載第2回)焦点を当てるのは、イテレーション対策。短い周期で設計・実装・テストを繰り返すアジャイルでは、計画していた機能が期間内に出来上がらず、"終わりなきイテレーション"に突入しがちです。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4494文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン