/

この記事は会員限定です

世界シェア5割ファナック 瀬戸際で果たした供給責任

日本メーカー、迫られる有事対応の巧拙

[有料会員限定]

日本の工作機械メーカーの受注額が金融危機前の水準に回復した。日本工作機械工業会の発表によると、6月の受注額(確報値)は前年同月比53.5%増の1285億8100万円。受注残高は総額6200億円まで積み上がり、各社の生産現場はフル操業が続いている。活況を呈する工作機械業界だが、世界的な生産停止の瀬戸際にいたことはあまり知られていない。

7月初旬。中堅工作機械メーカー、シチズンマシナリーミヤノ(長野県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1637文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン