ロシアで隕石落下、500人負傷 閃光や爆発音も

2013/2/15付
保存
共有
印刷
その他

ロシア・ウラル地方で隕石が落下。衝撃波によるガラス割れなどで多数の負傷者が出た

ロシア・ウラル地方で隕石が落下。衝撃波によるガラス割れなどで多数の負傷者が出た

【ウラジオストク=共同】ロシア非常事態省などによると、ウラル地方チェリャビンスク州で15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、隕石(いんせき)が落下した。ロシア非常事態省によると、隕石落下による負傷者は約500人となり、うち5人が入院した。

地元住民によると、同州の上空で閃光(せんこう)が光った後に5、6回の爆発音が聞こえたため、一時は「飛行機が上空で爆発したのか」「ミサイルが飛んで来たのか」などと騒ぎになったという。

非常事態省は地元住民に対し、パニックに陥らないように呼び掛けた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]