CO2を地下に閉じ込め大規模削減 進む開発競争

(1/4ページ)
2013/8/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 火力発電所などの排出ガスに含まれる二酸化炭素を回収し、地下に閉じ込める技術の実用化に向けて、多くの日本企業が開発競争を繰り広げている。このようにCO2を回収・貯留する方法は、大きく分けて3種類ある。要素技術は確立済みで、現時点では回収コストの削減を各社が競っている段階だ。CO2回収・貯留技術の実用化が進めば、1つのプラントで年間数十万~数百万トンのCO2排出を削減できる見込み。大規模削減の切り札…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]