/

ユーチューブのビデオ撮影・共有アプリ、iPadに対応

米グーグル傘下のユーチューブは現地時間2013年3月14日、ビデオを撮影・共有できるiOS向けアプリ「YouTube Capture」を刷新し、iPadとiPad miniに対応させた。新版(バージョン1.2)は米アップルの「App Store」から無料ダウンロードできる。

「YouTube Capture」アプリの画面

YouTube Captureは、2012年12月に公開。その後の刷新で1080p HDビデオのアップロードへの対応や、安定性、アップロード速度の向上など改良を図ってきた。これまでもiPadで利用できたが、画面はiPhoneやiPod touchに最適化されていた。

YouTube Captureは、立ち上げると同時にカメラが起動し、赤いボタンを押して撮影を開始、同じボタンを押して終了するという、手軽に利用できるアプリだ。色調補正や手ぶれ補正といった自動加工機能を備えるほか、共有したい部分を指定したり、BGMを付けたりして動画サイト「YouTube」にアップロードできる。

このほかGoogle+(グーグルプラス)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)への同時アップロードも可能。ビデオの公開は、自分のみが視聴できる「非公開」、ビデオのリンクを知っている人だけが視聴できる「限定公開」、誰でも検索・視聴できる「公開」を選べる。

対応OSはiOS 5.0以降。iPadとiPad miniのほか、iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、第3世代以降のiPod touchで利用できる。

[ITpro 2013年3月15日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン