「スマホ単独では満足しない時代に」、KDDI夏モデル発表会

(1/2ページ)
2012/5/15 23:00
保存
共有
印刷
その他

写真1 KDDIの田中孝司社長

写真1 KDDIの田中孝司社長

携帯各社の先陣を切って2012年5月15日に夏モデルを発表したKDDI。夏モデルの発表会という位置付けだが、説明の大半を、同社のスマートパス構想の第2ステップである「ビデオパス」「うたパス」に費やした。

同社の田中孝司社長は、発表会後の囲み取材で「ユーザーのニーズがだんだん変わってきて、スマートフォン(スマホ)単独では満足いただけなくなっている。スマホでできることを提案しないといけないと考え、このような発表会の形になった」と話した(写真1)。

昨年(2011年)の「グローバルモデルのスマートフォンをいち早く市場に出し、『選べる自由』を前面に押し出す」という戦略から打って変わり、もう一度、端末にサービスを足していく戦略へとシフトしている姿勢を鮮明にした格好だ。

■タイトル数だけを揃える時代は終わった

写真2 スマホ上でビデオパスの画面を表示しているところ

写真2 スマホ上でビデオパスの画面を表示しているところ

今回の発表会の主役とも言える「ビデオパス」「うたパス」について、田中社長は「タイトル数だけを揃える時代は終わった。いかに質を高めるのかにこだわった」と強調する。

ビデオパスは、月額590円で映画、ドラマ、アニメ、音楽などが同社のスマホやタブレット端末、PC(パソコン)で見放題となるサービス(写真2)。タイトル数は当初3000番組程度だが、KDDIはその数字はあえて表に出していない。「我々の調査ではタイトル数だけではユーザーは満足しない。やはり新作を求めている」(田中社長)として、タイトル数よりも新作を見られる点を売りにする。レンタルDVDと同じタイミングで毎月1本、月額590円の定額内で新作映画を見られるようにした。

ビデオバスでは、デバイス(端末)をまたいで視聴の途中から再生できる機能も搭載する。夏からは、Android 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV BOX」でも利用できるようにしていくという。発表会では、「Hulu(フール-)」やNTTドコモの「BeeTV」、ソフトバンクモバイルの「ムービーLIFE」と比較し、ビデオパスの優位性を強調する場面もあった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]