/

三菱重工とJAXA、放射性物質の分布を「見える化」するカメラを開発

2012年度内に製品化予定の「ASTROCAM 7000HS」のイメージ

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、放射性物質の分布状況を可視化するカメラのプロトタイプ「ASTROCAM 7000」を共同開発した。放射線の飛来方向とそのエネルギ(波長)をリアルタイムで同時に測定可能で、放射性セシウム134(Cs-134)、同137(Cs-137)、放射性ヨウ素(I-131)など、ガンマ線を放出する物質を識別できる。

JAXAが中心となって開発した「超広角コンプトンカメラ」がベースとなっている。同カメラは、ガンマ線が物質中の電子とぶつかってガンマ線のエネルギと進行方向が変化する「コンプトン散乱」と呼ぶ現象を利用して、放射性物質が集積したホットスポットを検出する。

毎時1~5μSv(マイクロシーベルト)程度の環境下で、環境バックグラウンドの数倍の強度のホットスポットを検出できるという。視野角は約180度。20~30メートル離れた距離からの測定が可能で、家屋の屋根や敷地などの放射性物質の分布状況を簡単に画像として確認できる。

JAXAと日本原子力研究開発機構(JAEA)は、同カメラが地上での放射性物質の分布の可視化に有効であることを2012年3月に発表している。現在、JAXAと三菱重工および名古屋大学から成る開発チームが、「先端計測分析技術・機器開発プログラム」を推進する科学技術振興機構の協力を得てASTROCAM 7000の高感度化を図っており、2012年度内に三菱重工が「ASTROCAM 7000HS」として製品化する予定だ。

(日経ものづくり 吉田勝)

[Tech-On! 2012年11月15日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン