/

70歳女性、92時間ぶり救出 岩手・大槌の民家

15日午前10時40分ごろ、津波の被害を受けた岩手県大槌町の民家から、応援で派遣された大阪市消防局の救助隊員らが70歳代の女性を救出した。

地震発生から約92時間ぶりで、被災者の生存率が著しく下がるとされる「72時間」から20時間近く経過していた。

同消防局によると、女性は病院に搬送された。低体温症だが、命に別条はないという。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン